バンカメに追加支援200億ドル、米財務省とFRB マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > バンカメに追加支援200億ドル、米財務省とFRBホーム > 経済ニュース > バンカメに追加支援200億ドル、米財務省とFRB

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

バンカメに追加支援200億ドル、米財務省とFRB

バンク・オブ・アメリカに200億ドル、規模も大きくスピーディな対応ですね。
米国は日本がバブル後失われた10年を過ごしたのを見ているので、今後復活のプロセスのなかで、さまざまな工夫をするでしょうし、時には強引なこともしそうですよね。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090116-00000005-cnn-int
ワシントン(CNN) 米財務省と連邦準備理事会(FRB)、預金保険公社(FDIC)は16日、米銀行大手バンク・オブ・アメリカに対し、公的資金から200億ドルの追加支援を実施すると、共同声明を発表した。
買収して経営統合した金融大手メリルリンチの資産から生じる損失が、予想を大きく超えてふくらんだため。
バンク・オブ・アメリカはすでに、250億ドルの支援を受けており、シティグループに続く追加支援となった。

金融機関に公的資金を投入したあとのグリップ、今後の展開が楽しみですね。

リテールバンクとインベストメントバンク、カルチャーもリスクも給料も何もかも違うわけで、金融業界の再編が進むなかでも、そのあたりのかじ取りは難しそうです。

本質的にリスクを避けなければならないリテールバンク、積極果敢にリスクをとることで収益をあげるインベストメントバンク。

これから何でどう稼いでいくのか、金融業界の各社はこの市場環境のなか、将来図を描けているのでしょうか。
難しいテーマです。
[ 2009/01/16 23:21 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。