利益確定売りで反落【本日の相場ポイント・概況】 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 利益確定売りで反落【本日の相場ポイント・概況】ホーム > 株式関連 > 利益確定売りで反落【本日の相場ポイント・概況】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

利益確定売りで反落【本日の相場ポイント・概況】

今日は反落しましたね。
まあよしとしなければ、という水準で止まったほうだとは思いますが。

このぐらいをうろうろしていれば、ポジティブなニュースが出れば、10,000円越えしそうですからね。

そうなると市場心理が回復し、その後の株価の伸びも期待できそうです。

為替が極端な円高に進行しないことを祈ります。

金融セクターが売られていますが、好況になってくるには、金融、不動産セクターあたりが盛り上がらないとダメですよね。

まだ市場からみると、不安が残っているセクターなのでしょう。

本当に復活できるのか、不良資産はあとどれくらいあるのか・・・

そもそもこれだけの数の地銀・信金が必要なほど、地方に産業があるのか・・・


利益確定売りで反落【本日の相場ポイント・概況】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090609-00000134-scn-brf
■本日のポイント
1.日経平均は3日ぶりに反落
2.パルプ・紙が高い――NY原油価格の下落で
3.ディフェンシブ銘柄に買いが回る
4.電気自動車関連に利益確定売り
5.金融が売られる

■東京市場概況
 日経平均株価は3日ぶりに反落した。
 前日の米国市場は、ダウが一時130ドル安となったが、金融機関大手の公的資金返済の報道などで金融が買われ、わずかながらプラスで3日続伸した。東京市場では軟調なスタートとなり、一時9800円を割った。ただ、下値では押し目買いが優勢で9850円付近まで上昇し、下げ幅を縮小させていった。昨日まで軟調だったパルプ・紙がNY原油先物価格の下落を好感して買われ、保険や精密機器が売られた。
 後場はアジア株の下落を受けて急激に値を下げて始まった。鉄鋼、非鉄金属、不動産が売られたほか、為替が円高に振れたため機械や輸送用機器がマイナスに転じ、日経平均は一時100円を超える下落。再び9800円を割り込み、朝の安値を下回って推移した。これまで人気化していたハイブリッドカー・電気自動車関連が利益確定で売られた。14時に内閣府が発表した4月の景気動向指数は良い内容だったものの、特に材料視されなかった。

【大引け】
 日経平均は前日比78.81円(0.80%)安の9786.82円。TOPIXは前日比8.65(0.93%)安の918.24。出来高は概算で24億5944万株。値上がり銘柄数は571、値下がり銘柄数は1004となった。日経ジャスダック平均は1140.22円(0.53円安)。(情報提供:チャートブック編集部&ストックデータバンク)
[ 2009/06/09 18:26 ] 株式関連 | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。