新ジャスダック、特別市場を創設 ヘラクレスと統合案 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 新ジャスダック、特別市場を創設 ヘラクレスと統合案ホーム > 株式関連 > 新ジャスダック、特別市場を創設 ヘラクレスと統合案

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

新ジャスダック、特別市場を創設 ヘラクレスと統合案

ジャスダックを子会社化した時点で、ヘラクレスとの統合は既定路線だったんでしょうけども、こういうプレミアという形で切り分けるとは思っていませんでした。

知名度が高い大型銘柄を集める特別市場、プレミア。

どの程度の銘柄数になるんでしょうね。

最近、一時期よりは新興市場の株価も回復しつつあるので、またIPOが盛り上がってくるといいですね。

ただでさえ、J-SOXの導入等で上場コストが上がっているわけですから、株式公開するメリットがはっきりわかるような、取引が活発な市場を作って、盛り上げてもらいたいところです。

株価指数の開発、確かに投資信託とか、機関投資家を呼び込むには、必要ですよね。

ただ指数となると、それなりに銘柄数をそろえ、業種もある程度分散させるとなると、いろいろ課題はでてきそうですよね・・・・

新ジャスダック、特別市場を創設 ヘラクレスと統合案
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/267918/
大阪証券取引所の新興企業向け市場ヘラクレスと、昨年末に大証の子会社となったジャスダック証券取引所の統合案の骨子が18日、明らかになった。統合後の名称を「ジャスダック」に統一した上で市場を2つに分け、知名度が高い大型銘柄などを集めた特別市場「プレミア(仮称)」を創設するのが柱。大証の有識者委員会(座長・池尾和人慶大教授)が月内に発表する中間報告書に盛り込む。

 市場統合案の目玉となるプレミアの創設は、時価総額が大きく投資家になじみがある企業を選別し、流動性の高さ(多くの売買注文をこなせるだけの取引量)を求める機関投資家を呼び込むのが狙い。楽天やセブン銀行などが上場候補に挙がる可能性がある。プレミア市場の上場銘柄で構成される株価指数の開発も検討課題とする。

[ 2009/06/19 11:52 ] 株式関連 | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。