株式関連 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > カテゴリー - 株式関連

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

パナソニック4200億円赤字

パナソニック大幅赤字になりましたね。4200億円ですか・・・
同日全世界のグループ社員数のリストラ約3万5000人削減を前倒しで達成とも発表されています。

TDKも1万人のリストラを発表していますし、ホンダも業績見込みが出せないほど。

震災、円高、そしてタイの洪水。

製造業にはつらい時期が続きます。

日本の大手メーカーはそれでもリストラ時の割り増し退職金とか恵まれているほうだと思います。

大手メーカーがリストラあるいは事業撤退を行うと、それにともない下請けもかなり整理されるはず。

雇用関係でより厳しい状況になるのはそういった中小企業の従業員でしょうね。

リストラや、事業の選択と集中により、日本の製造業がまた元気になり、経済の活性化につながっていくといいのですが・・・・

パナソニックあたりには、まだまだ頑張ってもらいたいですね^^

<パナソニック>4200億円赤字 テレビ不振で構造改革
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111101-00000000-mai-bus_all
(毎日新聞 yahooニュースより)
パナソニックは31日、12年3月期の連結最終(当期)損益が、従来予想の300億円の黒字から、4200億円の赤字(前期は740億円の黒字)になるとの業績予想修正を発表した。
(以下省略)
[ 2011/11/01 07:08 ] 株式関連 | コメント(0)

東証が大証にTOB提案 大証は拒否の構え どうなるんでしょうねこれ

東京証券取引所が大阪証券取引所に対して株式公開買い付け(TOB)による買収を提案しているとのニュースが。これが成立すれば、東証が大証を完全子会社にするわけですが、完全に東証主導になるスキームなので、大証側は反発し拒否する姿勢のようです。

グローバルでみれば、取引所の統合が進んでいるため、ある程度日本もついていこうということなのでしょうけども、これだけ思惑がすれちがっていると、感情的なしこりもあるでしょうし、厳しいでしょうね。

共同持ち株会社に2社ぶら下がり、システムコスト等共有できるところは、コストカットしていくというのが現実的だと思いますけどもね。

東証が大証にTOB提案 大証は拒否の構え
http://www.asahi.com/business/update/0705/TKY201107040742.html
(朝日新聞社)

出てくる案がTOBでは、お互いにのめないに決まっていると思うんですが、それを提案するということは、この統合を破談にしたい勢力がお互いの組織内で力を持っているということでしょうかね・・・
[ 2011/07/05 08:42 ] 株式関連 | コメント(0)

米ジンガ、IPOを申請 収益力ありますね^^

米ソーシャルゲーム最大手ジンガのIPO申請のニュースが。時価総額いくらつくでしょうね。
市場の評価は相当高いでしょうからね。
昨年の売上が5億9750万ドル、純利益が9050万ドルですから、日本のゲーム会社とは比較にならないほどの収益力ですね。

米ジンガ、IPOを申請
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110702-00000001-wsj-bus_all
(yahooニュース)

というのもちょうど同じタイミングのyahooニュースで、日本のゲーム市場が寂しい状況というニュースが出ていますからね。

<ゲーム市場>人気タイトル不在で調査開始以来初の2000億円割れ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110701-00000024-mantan-game
(yahooニュース)

もちろん後者は家庭用ゲーム機市場なんで単純比較はできないですし、日本でもソーシャルゲームのほうがはやってきていますからね。

ただ従来の日本のゲーム会社が苦戦しているのはそのとおりでしょう。

ジンガは、フェースブックのゲーム内グッズの売上と広告収入でこれだけ稼ぐわけですからね。

日本でもソーシャルゲームは盛り上がっていますから、ジンガがどのくらいで評価されるかは、日本でソーシャルゲームのベンチャーが上場するときにいい影響を受けそうですよね^^

[ 2011/07/04 09:50 ] 株式関連 | コメント(0)

みずほ総会 株主から怒りの声も当然です

株主総会の季節ですね。3月決算の会社の定時株主総会が続くこの時期。みずほのような問題を起こした企業の株主総会は、熱い問答が出て当然だと思います。
みずほフィナンシャルグループの東京フォーラムで行われた株主総会は、3時間19分の長丁場だったそうです。

記事では株主の厳しい意見が紹介されています。
「しっかりしろ。みずほはメガバンクの中で最悪だ」
「東日本大震災直後のトラブルは、犯罪的行為だ」
「役員報酬が高額すぎるので、大幅に減額すべきだ」
「昨年、1億円以上の報酬をもらっていた3人の特別顧問(旧トップ)は報酬を返すべきだ」
等々。

しかしそれに対する答えのなかで、会社側が「3人の特別顧問に、システム障害の直接的な責任はない」との見方を示したとありますが、これがまさに世間と大きくずれているというか、銀行員がお客、株主ではなく、上を向いて仕事していることの代表例ですよね。

普通の感覚でいえば、当然責任があるわけですよ。高額報酬をもらっている責任ある立場で、かつ会社の意思決定のスピードの阻害要因になっていて、社内の風通しの悪さの原因にもなっているわけですから。

何をもって責任はないと言うのか、私にも株主にもまったく理解できないのは当然です。

みずほ経営責任めぐり応酬 株主「メガバンクの中で最悪だ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110621-00000559-san-bus_all
(yahooニュース)

きっとこういう体質が変わらなければ、今後も同様の問題を起こしそうですよね・・・
[ 2011/06/22 08:52 ] 株式関連 | コメント(0)

インサイダー 揺れる証券市場 監視委VS投資家の攻防

インサイダー取引の係争、増えてきていますよね。
元々定義があいまいな部分もあるので、拡大解釈すれば、もう何を聞いてもインサイダーとなってしまうわけですから。
村上ファンドのケースのような強引な逮捕もあるので、もう目をつけられたらどうしようがアウトなのでしょうね。

あの案件そろそろ・・・

のように具体的な中身がない伝達はOKというのが通説なようで、このあたりも争点になっているようですね。

実際にプロの人たちは、インサイダー取引の構成要件に該当しないやりかたで情報を授受しているんでしょうけども。

どこまで聞いたらインサイダー!?監視委VS投資家の攻防激化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110618-00000536-san-soci
(yahooニュース)

個人的には、いまは個別株の売買はしていません。

投資市場的に魅力的ではないと感じています。よくわからない理由で株価が上下するのと、結局は全体的に縮小市場だからという点が現状行っていない理由です。

インサイダーの規制強化と、相次ぐ逮捕。

確かに、市場の健全性は必要ですし、悪質なケースはどんどんつかまえるべきだと思いますが、グレーというか、どちらともとれる、という事例をどんどんつかまえていくと、投資家が萎縮し、プロのファンドの投資対象としえも避けられるようになる気がします。

PEファンドなんて、かなり会社の中を見ているでしょうからね・・・
[ 2011/06/19 12:17 ] 株式関連 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。