FX関連 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > カテゴリー - FX関連

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

円、一時79円台に上昇

5月5日のニューヨーク外国為替市場では、日本の事情というよりも米景気減速懸念で円高にふれ、一時1ドル=79円台後半までいきましたね。米新規失業保険申請件数が47万4000件に増加と、そもそも減少するという予測からは大幅に悪化していたことが理由のようです。

米国の超低金利政策の継続が見込まれ、円高というよりもドル安ということなのですが、日本の実態も相当悪いのに、通貨だけは強いというのも、通貨切り下げ競争で輸出促進に走る国が多い環境ならではですよね・・・

円、一時79円台に上昇=1カ月半ぶり〔NY外為〕(5日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110506-00000003-jijc-brf

ちなみに、確かに円高ではなくドル安だと私も思いますが、野田佳彦財務相が「円高ではなくドル安」との見解を示したのは余計ですよね・・・・
市場は円売り介入がどうでるか注視しているわけですから、こういう発言はマイナスのインパクトありますよね。
コメンテーターじゃない責任ある立場なのですから、自分の発言が市場にどう受け止められるかちゃんと考えて対応してもらいたいですよね。

当たり前のことなんですけどもね・・・・
[ 2011/05/06 08:10 ] FX関連 | コメント(0)

円相場、一時85円台に下落

今朝(4月6日)の外国為替市場で、円相場が1ドル=85円25銭前後まで下落し、約半年ぶりの円安水準をつけたとのニュースが。
米景気の回復と、日本の震災による景気の下ブレ懸念から、両国の金利差が広がるという予想なのでしょう。

一方的にドルだけが暴落していく相場は終わりを告げ、ここからは逆に回り始める可能性も結構ありますよね。

日本では、しばらく金利上げられないでしょうし、今後増税がまっているでしょうから、ますます景気は悪くなるでしょうし。

円相場、一時1ドル=85円台に下落
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110406-00000165-yom-bus_all
(yahooニュース)

私は手持ちの金融資産がそれほどないのですが、あれば海外投資はいまのうちなのになとは思います。

小額でレバレッジがある程度利くFXは有力な候補だと思いますが、変動率が高いので、ストップロスの基準にかかってしまい、資産を目減りさせました。

そのダメージから回復できていないのですが、やはり為替の感覚を身に着けるためにも、小額でのFXは続けたいと思います・・・
[ 2011/04/06 10:37 ] FX関連 | コメント(0)

G7の円売り協調介入で円高止まりましたね

円が急騰していましたから、今回の協調介入で、過度に円高に進めば、押し戻すというG7の中央銀行総裁のコンセンサスがわかりましたので、再度1ドル76円ということはないのではないでしょうか。
80円を割ってくる水準だと、厳しいですよね。
徐々になら企業も対応できるでしょうが、急激でしたから。

海外から物資、資源を買う機会だととらえ、購入する日本企業が増えれば、円安に戻っていくわけですが、民需だけでは対応できないぐらいの動きでしたよね。

先行して政府・日本銀行が18日午前9時、円売りドル買いの介入を約半年ぶりに行い、今朝79円だったのが、81円まで2円戻りました。
各国当局や、欧州中銀も、それぞれの市場で順次行うということのようです。

G7、円売り協調介入
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110318-00000239-yom-bus_all
(yahooニュース)

 東日本巨大地震に伴う金融市場の動揺を抑えるため、日米欧の先進7か国(G7)の財務相と中央銀行総裁は18日朝、緊急の電話会談を行い、日本と米、英、カナダの通貨当局、欧州中央銀行が為替市場で円売りの協調介入を実施することで合意した。


久々の協調介入、スピーディに合意して、効果も発揮しましたし、通貨の面では、ちょっと安心しました^^
確かに乱高下すると、世界の金融市場に混乱が拡大し、世界経済の新たなリスクになりえるということもあり、G7も協力するというスタンスだったのでしょう。
[ 2011/03/18 11:43 ] FX関連 | コメント(0)

米失業率1月も改善のニュースが

FXにおける重要な統計指標である米国の雇用統計で、失業率が9.0%と前月比で0.4ポイントの低下となったとのニュースが。1年9ヶ月ぶりの低い水準であり、市場予想を大きく上回ったのも大きいですね。

<米失業率>1月も改善9.0%に 0.4ポイント低下
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110204-00000128-mai-bus_all

結構インパクトがある数字だったので、為替もう少し大きく動くかと思いましたが、そこまでではなかったですね。

しかし米国の雇用市場の着実な回復ぶりは意外ですね。まだしばらく米国は苦戦すると見ていたので。

昨日まで豪ドル中心に中期的なディールを行っていましたが、米ドルが動き始めるとなると、主戦場をドル/円に戻そうか迷い中です。

以前は、ポンド、その後米ドル、そして豪ドルと中心を変えてきましたが、やはり動くのであれば米ドルがやりやすいなと。

そういう意味からも、ずっと米国経済には注目しているのですが、やはり今年はオバマさんが維持でも経済を上げてくるとは思うので、回復基調にあると見ていいのか、悩ましいところです。

ただいずれにせよ、上に動くにしろ、下に動くにしろ、しばらくエネルギーがたまって、見定めているところだと思いますので、動き始めたら、結構動くかなと。

今後も、米の経済指標は注視していきたいと思います^^
[ 2011/02/05 01:58 ] FX関連 | コメント(0)

米格付け会社、日本国債を格下げで、円安に動きましたね・・

米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズが27日、日本国債の長期格付けを「AA」から「AAマイナス」に引き下げたとのニュースにより、ドンと円安に動きましたね。思っていたよりは変動幅は小さいですが、これからジワジワ効いてくるかもしれません。

米格付け会社、日本国債を格下げ=「AA」から「AAマイナス」に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110127-00000096-jij-bus_all
(時事通信  yahooニュース)

というのも、日本国債はそのほとんどが国内で消化されているとはいえ、一部は海外も買っているわけです。
その動きは鈍るでしょう。

そして個人向け国債もちょうど満期が来ている分がありますが、手数料もそれほど取れないこともあり、国内の銀行は、以前ほど積極的に販売しないでしょう。

前回があまりに特殊な事情だったので、こちらの姿が健全だと思いますが。

こういうニュースや、先日の1000兆円に近づいたニュース等の積み重ねで、市場関係者が、いつその日が来るのか、と疑心暗鬼になれば、ますます国債の引き受け手はいなくなります。

ということもあり、円が急落したわけですからね。

S&P、日本国債を格下げ 「一貫戦略欠く」と不安視
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110127-00000580-san-bus_all

たしかに政府が戦略に欠けていますし、格下げは妥当だと思います。
そういう意味では、もう少し円安は進むかもしれませんね・・・
[ 2011/01/27 18:11 ] FX関連 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。